丸の内・触れる地球ミュージアム
By haruka Follow | Public

2016 年7 月29 日から10 月30 日まで、「丸の内・触れる地球ミュージアム」( 主催:一般社団法人 触れる地球の会 企画構成:竹村真一+ Earth Literacy Program )を東京 丸の内 行幸通り地下通路にて 開催致します。


地球温暖化による北極やヒマラヤの氷の融解が、日本の私たちの暮らしにどのように影響してくるのか。大気汚染物質も隣のの中国だけでなく、遠く地球の反対側からも運ばれてくること。世界の異常気象や自然災害が、もはや“ 対岸の火事”ではない時代だということ・・。
こうした実感値をこの「触れる地球」を通して大人も子どもも共有しながら、地球の未来を共に考えてゆくことができる体験空間にご期待ください。

デジタル地球儀「触れる地球」は、リアルタイムの気象情報や世界のライブ画像、生物の営みや地球温暖化など、生きた地球を可視化する地球儀として、伊勢志摩サミット、ミラノ万博、内外の科学館・博物館で展示されるなど日本のみならず海外でも、その訴求力が高く評価されています。

夏休み中は、子ども・親子連れを対象にしたセミナー、ワークショップも開催致します。秋口からは、高校生・大学生向けの未来の職業ワークショップ(WS)、大人向けのソーシャルデザインWS なども開催予定です。

全長220m にもおよぶ通路空間では40 本の柱に貼られたメッセージポスターにより、日本の技術力・企業力が切りひらく新たな地球の未来ビジョンを可視化する「未来コリドー
ル」を創り出します。また、“ 地球目線” で捉えた世界や日本の食の未来像、気象・海象・地震、防災減災などをテーマにした体験型展示を併せて展示を実施致します。

1 Follower
Comments